HOME > 逝去からお式まで > 通夜の準備

逝去からお式まで

逝去からお式まで 通夜の準備 出棺と火葬 葬儀と告別式 通夜 危篤と臨終の場

通夜の準備

喪主の決定

通常は、故人の配偶者が喪主になります。しかし配偶者が高齢、もしくは他界している場合は、故人の長男など血縁の深い方がなるケースが多いです。

お世話役代表の決定
通夜、葬儀の進行を円滑におこなうため、早めにお世話役代表を決めてください。ご遺族はお世話役を含め、多くの方にご助力をお願いすることになります。

通夜前に必要な連絡

葬儀社やお寺との葬儀の打ち合わせが済み、通夜の日時・会場が決まり次第、以下の方々へ連絡してください。

  • 町内会代表者
  • 親戚縁者、故人と親しい方や関係者

「神封じ」と「忌中札」

ご遺体をご自宅にお迎えするまでに、神棚に白い紙を貼り「神棚封じ」をします。仏壇がある場合は仏壇の扉を閉じ(ご先祖様へのご報告ということで、開けておくケースもあります)、神棚と仏壇は忌があけるまでそのままにしてください。

また、にぎやかな絵画や置物などは片づけ、玄関先に「忌中礼(紙)」を貼ります。「神棚封じ」「忌中札(紙)」は自宅での通夜・葬儀の有無に関わらず行ってください。

安置と枕飾り

ご自宅にお迎えしたご遺体は、北枕か西枕にして安置し、顔を白い布で覆います。ご遺体のそばに白木の台、または白布を掛けた小机を置き、線香、ろうそく、お花などを供えて「枕飾り」とします。
※地域・宗派によっては、屏風をさかさまにして立てる「逆さ屏風」や、魔除けの「守り刀」を置くこともあります

戒名・法名決めと「枕経」について
故人が生前に、戒名・法名をいただいていない場合は、僧侶に相談して決めていただきます。一般的には、枕経から納棺までの間に、僧侶が戒名・法名を決めます。
仏式では「枕飾り」の後、ご遺体の枕元でお経をあげる「枕経」を僧侶にしていただきます。

納棺

「納棺」は、死装束と死化粧を済ませたご遺体を、ご家族全員で静かにお棺へと移すことです。ご遺体の周りに、故人の愛用品や好物などを添えます。
※燃えにくい金属製品や陶磁器の納棺は避けてください

通夜の前の最終確認

通夜を執り行う前に、以下のことがすべて準備できているか、改めてご確認ください。

  • 通夜会場での祭壇の設置場所・設営時間などを葬儀社と確認
  • 通夜の日時と場所についてお寺と相談。来場いただける時間・人数、送迎有無などの確認
  • 斎場への予約(葬儀社が代行することが多い)
  • 「死亡届」と「火葬許可証」の申請と受理(葬儀社が代行することが多い)
  • 遺影写真の用意(正面向き、生前の面影が偲ばれる写真)
  • 喪服・数珠の用意
  • 世話役代表との相談、および各種係員へのお願いと確認(お寺さま係り・受付係・案内係・会計係・携帯品預かり係・接待係・調理係・車両誘導係など)
  • 生花・花環・供物などの準備
  • 「通夜ぶるまい」の準備
  • 遠方より来られる方の、宿泊先などの手配
    ※ 地域、宗派により、順序と内容が異なることがありますので、詳しくはご相談ください
PAGE TOP


東京・埼玉地区の葬儀社なら愛和葬祭