逝去からお式まで

逝去からお式まで 通夜 出棺と火葬 葬儀と告別式 通夜の準備 危篤と臨終の場

通夜

弔問の受付

受付係は、弔問に訪れた方に芳名帳への記帳していただき、その後、祭壇が設置された部屋へと案内します。この際、喪主・親族は、弔問に訪れた方にお礼を述べます。

僧侶の到着の際に

僧侶が到着したらまず控室にお通しし、お茶菓子をお出しします。このとき、通夜・葬儀で使う白木の位牌に戒名を書いてもらいます(事前に書き込みをお願いしても構いません)。

僧侶が「通夜ぶるまい」の席に出られないときには、お持ち帰り用の折り詰めを用意するか、「御膳料」を包みます。また、僧侶の送迎をしない場合は「御車代」をお渡しします。
※このほか、僧侶へのお心付けは、事前に当社までご相談ください。

通夜の式次第
現在では、18:00位から2〜3時間おこなわれる「半通夜」が一般的な形式です。以下に通夜の流れをご紹介いたします。

  1. 遺族・参列者の着席
  2. 僧侶の入場
  3. 読経
  4. 僧侶の焼香
  5. 喪主、故人と近しい親族の順番で焼香
  6. 参列者の焼香
  7. 焼香が一巡した後、喪主または親族代表のお礼の挨拶
  8. 「通夜ぶるまい」へのご案内
  9. 「お開きの挨拶」(参列者がお引きとりになる少し前に、喪主または世話役代表は簡単なお礼を述べます)
  10. お手伝いいただいている方へ感謝の礼を伝える
  11. お手伝いの方々の通夜ぶるまい

※地域、宗派により、順序・内容が異なることがあります
※最近では、焼香を終えたらすぐに参列者が退席するという地域もあります

PAGE TOP


東京・埼玉地区の葬儀社なら愛和葬祭