HOME > 逝去からお式まで > 葬儀と告別式

逝去からお式まで

逝去からお式まで 葬儀と告別式 出棺と火葬 通夜 通夜の準備 危篤と臨終の場

葬儀と告別式

葬儀・告別式前の最終確認

仏式での葬儀は、ご遺族が故人の成仏をお祈りする儀式です。それに対して告別式とは、ご遺族や故人と親しかった方々が、故人に最後のお別れを告げる儀式です。最近では葬儀と告別式を明確に区別せず、ひとつの流れのなかで行うことが多くなりました。

葬儀・告別式を執り行う前に、以下のことがすべて準備できているか、改めてご確認ください。

■葬儀の進行係・司会者との打ち合わせ
焼香の準備と弔電を読み上げる順番
会葬礼状やお心付けの準備
火葬の時間確認と配車手配

※進行係・司会者は、当社で手配いたします

■お寺とのスケジュール調整
葬儀に来ていただく時間・人数
葬場に来ていただく人数
迎車の確認
お持ち帰り用の折り詰め、または御膳料の用意
■そのほか関係者との調整
喪主、遺族代表のあいさつ文
喪主、ご遺族・親戚・参列者の座席の配置
世話役代表と各種担当係へのお願いと打ち合わせ
弔辞をいただく方へのお願い
会食の有無に合わせた準備
遠方より来られる方の宿泊先などの手配
告別式の席次

葬儀・告別式の式次第
以下に一般的な仏式の葬儀・告別式の流れをご紹介いたします。

  1. 遺族・参列者の着席
  2. 開式の言葉(進行係)
  3. 僧侶の入場
  4. 弔辞朗読・弔電紹介 ※読経(葬儀)の後に行われることもあります
  5. 読経(葬儀)
  6. 僧侶の焼香
  7. 喪主・遺族の焼香
  8. 読経(告別式) ※省略されることもあります
  9. 一般参列者の焼香
  10. 僧侶の退場
  11. 喪主または親族代表の挨拶
  12. 閉式の言葉(進行係)

※地域、宗派により、順序・内容が異なることがあります

PAGE TOP


東京・埼玉地区の葬儀社なら愛和葬祭