HOME > 逝去からお式まで > 出棺と火葬

逝去からお式まで

逝去からお式まで 出棺と火葬 葬儀と特別式 通夜 通夜の準備 危篤と臨終の場

出棺と火葬

「別れ花」と「石打ち」

葬儀後、出棺のためにお棺を祭壇から降ろします。祭壇などに供えたお花を遺族と親しい縁者の方がご遺体の周囲に捧げる「別れ花」を行います。対面後、お棺のふたをしめるために、「石打ち」といって、小石で釘を打ちつけます。この小石には、無事に三途の川を渡り成仏できるようにとの祈りがこめられてます。

出棺と見送り

お棺は近親者、親しい友人知人の男性が霊柩車まで運びます。お棺を霊柩車に乗せ終えたら、喪主は、参列者に対して感謝の言葉を述べ、お礼のあいさつをします。その間、ご遺族は位牌や遺影を胸あたりに掲げて、参列者の方へと向けます。

斎場へ

喪主、ご遺族と、故人との血縁の近い順で車に分乗して斎場へ向かいます。このとき、僧侶にも同乗してもらうケースもあります。斎場に着くと斎場スタッフがお棺を霊柩車から降ろします。この際、喪主は「火葬許可証」を斎場スタッフに渡してください。

「納めの式」と火葬

「納めの式」とは、火葬炉の前の祭壇にお棺を安置し、故人と最後のお別れをすること。僧侶が同行されたときは読経を務めてもらいます。その後、1〜2時間ほどかけて火葬します。

「お骨上げ」の手順

「お骨上げ」の作法には、遺骨を次々に箸から箸に渡し、骨壷へと納める作法と、ふたり一組になり、ひとつの遺骨を拾い、骨壷に納める作法があります。お骨を拾い上げる順番は焼香と同様、喪主から血縁の近い順となります。
まず始めに歯を拾い、次に足から上半身へと進みます。最後にのど仏を喪主が拾い上げるのがしきたりです。
※地域、宗派により、異なることがあります
※分骨を希望される場合は、専用の骨壷を用意する必要があるため、あらかじめ当社の担当スタッフにお伝えください

「埋葬許可証」の受け取り
お骨上げ後、事前に提出した火葬許可証に、火葬済みの証明印が押された書類を受け取ります。この証明印が押された時点で、火葬許可証は「埋葬許可証」となります。納骨時に必要になるため、大切に保管します。

遺骨のお迎え

留守居役は、お棺を見送った後、「遺骨迎え」の準備をします。部屋を整理し、お清めの準備をします。お清めは、斎場から帰ってきたご遺族や血縁者が、玄関先で塩と水で手や身体を清める作法のことです。
最近では、家の入り口にまいた塩の上を踏んで家に入るケースや、塩を使わないこともあります。
※浄土真宗ではお清めは行いません
※地域、宗派により、異なることがあります

「後飾り」と「中陰檀」

遺骨をお迎えするために「後飾り」した「中陰檀」を準備します。中陰檀とは、斎場から戻ってきた遺骨を安置する祭壇です。小机を白布で覆い、後飾りして中陰檀とすることもあります。遺骨、白木の位牌、遺影を安置し、ローソク、供物なども添えます。

繰り上げ初七日法要
「繰り上げ初七日法要」とは、本来、葬儀後七日目におこなう初七日法要を、斎場から戻るとすぐに行ったり、あるいは葬儀・告別式の後すぐに行うことを指します。

「精進落とし」について

葬儀を終えた後に「精進落とし」あるいは「お斎(おとき)」と呼ばれる会食をおこないます。本来、精進落としは、初七日法要あるいは四十九日法要を終える際に行うものですが、最近では葬儀後、あるいは葬儀当日の繰り上げ初七日法要後に行うことがあります。

葬式の終了前の最終確認

喪主やご遺族は、お世話になった方にお礼を述べ、世話役・会計係などの方から、引継ぎなどを行います。葬儀を終了する前に、以下のことがすべて完了できているか、改めてご確認ください。

■世話役・会計係などから引き継ぐもの
香典と香典袋
香典・供物供花の控え帳
弔辞文・弔電
芳名帳・名刺
会計記録帳・残金
支払いを立て替えていただいている方への精算
会場での忘れ物の確認
■そのほか
領収書(※)の整理、僧侶へのお礼などの額をメモします。
僧侶、親戚との法要や納骨の日時などの相談

※病院への支払いを含め、ご臨終からお葬式に関わるすべての領収書です。相続税を申告する際に必要となります

PAGE TOP


東京・埼玉地区の葬儀社なら愛和葬祭