HOME > 逝去からお式まで

逝去からお式まで

大切な方が亡くなられた際の、葬儀までの一般的な流れを順を追ってご紹介いたします。葬儀の形式や宗教により若干の違いがありますので、詳しくは愛和葬祭までご相談ください。

逝去からお式まで 危篤と臨終の場 出棺と火葬 葬儀と告別式 通夜 通夜の準備

危篤と臨終の場

関係者へのご連絡

医師に危篤を告げられた場合、家族と相談して会わせたい人に連絡をとります。その際、「誰が・いつ・どこで・どうなった」という旨が伝わるようにします。

危篤を知らせる必要がある方
家族や親族
本人の勤務先や学校
役職を持っている団体
親しい関係の友人・知人

末期の水

臨終を告げられた後、遺族や近親者で「末期の水」をとります。新しい筆か割り箸の先に白糸で巻き付けた脱脂綿(ガーゼでも可)に水を含ませ、死後の世界でのどが渇かないようにという祈りをこめて、故人の唇を軽く湿らせます。この儀式は、血縁の近い順に行います。
※病院で息を引き取った場合は、ご遺体が自宅に帰ってから行います

湯灌(お清め)

ご遺体をアルコールやお湯で丁寧に拭き清め、耳、鼻、肛門などに脱脂綿を詰めます。病院で亡くなった場合は病院のスタッフが、自宅で亡くなった場合は葬儀社が行います。

着替え

ご遺体に死化粧をし、死装束を着せます。髪を整え、爪を切り、男性の場合は髭を剃り、女性の場合は薄化粧をします。着替えの際、普段の逆で左前に白装束や浴衣を着せます。
※最近では、死装束の代わりに故人が生前好んでいた衣服を着せることもあります

「死亡診断書」の受け取りと病院への支払い
医師から「死亡診断書」(不慮の事故のときは「死体検案書」)を受け取ります。市町村役場への「死亡届」の手続にはこの書類が必要です。手続き終了後、「火葬(埋葬)許可証」が受け取れます。 また、病院への支払いは亡くなられた日か、その翌日までに済ませます。

PAGE TOP


東京・埼玉地区の葬儀社なら愛和葬祭