HOME > 神式・キリスト式の葬儀

神式・キリスト式の葬儀

東京・埼玉地区の葬儀社 愛和葬祭では、仏式だけでなく神式やキリスト教式の葬儀にも対応いたします。以下に、形式ごとの特徴を略式でご紹介いたします。

※教派・地域の相違により、異なることがありますので、詳しくはお問い合わせください

神式

逝去〜通夜まで

ご逝去後、末期の水をとり、お清めをして死化粧・死装束を施して北枕に安置。さらに、自宅の神棚封じや喪中札の貼り出しまでは仏式と同様に行います。

神式ではここで「納棺の儀」として、故人が好んだ食物を供える「柩前日供(きゅうぜんにちぐ)」を行います。仏式の通夜にあたる儀式を「通夜祭」といい、続いて、死者の霊を霊璽(れいじ=仏教でいう位牌)に移す「遷霊祭」を執り行います。

葬儀

神式の葬儀は「葬場祭(そうじょうさい)」といわれ、斎主に神職を招いて、自宅か斎場で執り行います。席に着く前に参列者は手水でお清めをします。斎主は入場後、葬場、棺、供物、祭員、参列者の順にお祓いします。お祓い後、斎主が祭詞(さいし)を奏上。祭詞では、故人の略歴や功績なども述べられます。続いて誄歌(るいか)の奏上、弔辞・弔電の紹介、ご遺族による玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われ、供物を下げた後、斎主が退場します。

一般参列者の玉串奉奠は、葬場祭後の告別式でおこなわれます。ちなみに玉串奉奠は、仏式の焼香にあたり、用意された榊(さかき)を神前に供えるものです。

式年祭

神式にも中陰法要・年忌法要にあたる祭式があります。10日目ごとの霊祭、年単位でおこなう式年祭があり、多くの場合は五十日祭にて納骨。その後、一、三、五、十年祭と続き、十年祭以降は五〇年祭まで10年ごとに行われます。

キリスト教式

逝去〜通夜まで

キリスト教では臨終に司祭が立ち会います。これをカトリックでは「塗油(とゆ)の秘跡」、プロテスタントでは「聖餐式(せいさんしき)」と呼びます。

通夜にあたるものがプロテスタントの「前夜祭」です。カトリックでは正式に通夜にあたるものはありませんが、プロテスタントにならって「通夜の儀」という名称で行うことがあります。どちらも、聖歌の合唱、聖書朗読、神父または牧師の言葉、祈り、献花といった式次第で行います。

葬儀

キリスト教の葬儀は、以下の手順で執り行われます。どちらの宗派も参列者が献花を行いますが、参列者が多い場合は、全員そろって黙とうを捧げて終わることがあります。ただし、式の内容は教会によって異なることがあります。

カトリック
ミサ聖祭式(安息のミサ)、追悼説教、聖歌合唱、聖水のそそぎ、散香、聖歌合唱、弔電、弔辞紹介、式辞朗読の式次第です。

プロテスタント
聖書朗読、讃美歌合唱、聖書朗読、黙とう、賛美歌合唱、弔電、弔辞紹介、式辞朗読の式次第です。

式年祭

キリスト教では逝去後の年数による儀式はありません。ただし、逝年の1年後、3年後などに天に召された故人を偲ぶ会やお茶会などを催します。

PAGE TOP


東京・埼玉地区の葬儀社なら愛和葬祭